バンクーバーの公共交通機関 TransLinkの電子カードCompass Cardの意外と知らない乗り換えの制限時間

バンクーバーの主な公共交通機関、BusSkyTrain(電車)SeaBus(フェリー)は 全て TransLink 社が運営していて、同じ乗車券で自由に乗り換えができます。

乗車券には大きく分けて、「月額定期券」「1日券」「普通乗車券」の3つのタイプがありますが、今回はこの中の「普通乗車券」の時間制限について解説していきます。

普通乗車券

普通乗車券は乗車する毎の乗車券で、下記がそれにあたります。そしてこれらは全て、最初にタップしてから90分間以内であれば、同じ TransLinkの乗り物間を、自由に乗り降り、乗り換えができます。

Compass Card にチャージして使用

再利用可能なプラスチック製の Compass Card で、希望額を入金して使用。日本の Suica や Pasmo と同じ。通常の運賃よりも割安。

Compass Ticket

駅の券売機で購入可能な紙製の使い捨て乗車券。入金/再利用は不可。

Contactless Payment(クレジットカード)

Contactless(非接触型)に対応したクレジットカードや、スマホなどのモバイルウォレットを直接カードリーダーにタップして支払う方法。

下記の乗車券は、Compass Card 用のゲートのリーダーとの互換性がなくタップイン/アウトすることができないため、Bus 以外(SkyTrain / SeaBus)への乗り換えは不可。

Bus 専用乗車券

Bus乗車時に運転席横の券売機で購入した紙の乗車券。

普通乗車券の有効時間90分は具体的にいつまで?

普通乗車券は最初にタップし開始されてから90分間であれば乗り降り/乗り換え自由と書きましたが、具体的にはどのタイミングで有効期限切れとなるのでしょうか?

実はこれ、バンクーバーに住んでいる人ですら意外と知らず、90分以内に全ての乗車を完了しタップアウトしないといけないと勘違いしている人が多いんです。

しかし実際は、タップインの時間が基準となりますタップして駅に入場、またはタップしてBusに乗る時が90分以内であれば良いのですそして、90分以内にタップインさえしてしまえば、残り時間に関わらず、そこから新たに120分の猶予が与えられます

この120分の猶予時間はあくまでも乗車時間として与えられるもので、タップアウトした時点でリセットされます。乗り継ぎなどには使えません。たとえば、90分のタイムオーバーまで残り1分でタップインしてSkyTrainに乗車した場合、120分以内にタップアウトして退場すれば追加料金はかかりませんが、一度タップアウトして退場し、再度どこかでタップインした場合は、新規の乗車として扱われチャージされます。

今回紹介した乗り換えに関する制限時間をしっかり把握しておくことで、より便利に交通機関を利用できると間違いなしですので、この機会に是非覚えておきましょう。

参考サイト

Fares| TransLink
https://www.translink.ca/Fares-and-Passes.aspx

Tapping to transfer with Compass| TransLink Blog
https://buzzer.translink.ca/2014/02/tapping-to-transfer-with-compass/

この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です