色々な場面で大活躍しそうな最強な小型三脚

広範囲の状況で使える超万能な三脚を発見したので紹介します。ずっと求めていたものに出会えた気分です。

と言っても、実際は特定の三脚の紹介ではなく「三脚用センターポール」と「テーブルトップ三脚」の組み合わせです。

下部にネジ穴が付いている一脚であれば、同じように使用することもできますが、それだと長すぎるし、テーブルトップの三脚だけでは短すぎる。そんな時に紹介したいのが今回の商品です。なんかテレフォンショッピングみたいな始ままりで失礼します・・・

今回僕が買ったのは、下記の2つ。

カーボンファイバー製の三脚センターポール(エクステンション・ポール)です。長さ:20-32㎝、重量:210g、最大荷重:15kg。
最大荷重80kg!頑丈、耐久性に優れたテーブルトップミニ三脚と自由雲台(ボールヘッド)のコンボ商品です。コンボの特典として専用ケースが付いてきます。

三脚センターポール「SIRUI SL-200」

通常、三脚の高さ調整、またはエクステンションとして使用するものです。

北米では、「SL-200」というモデル名で販売されていますが、日本ではTM用センターポール「TM-200」として販売されています。

今回購入したものは、カナダドルで約 $50 と、比較的高級品。安いものなら半額以下でもありますが、金具の部分が貧弱だというレビューがあったりちょっと心配だったので、今回は三脚ブランドとして安心できるSiruiのものを選びました。

最大荷重が15kg と謡っているだけあって、ネジ、金具の部分はもちろん、総合的にしっかり作られている印象です。

台座の部分を回して外し、ネジを逆さにすることで、3/8 ⇔ 1/4 の切り替えが簡単に行えます。

スペック

長さ20cm – 32cm (無段階調整)
重量210g
最大荷重15kg
ネジタイプ3/8 & 1/4 
材質カーボンファイバー

ミニ三脚を付けた時の長さ

長さは、今回使用した三脚部が 3.5㎝、雲台部が 10.5cm、そしてセンターポールが 20㎝-32㎝ まで調整可能なので、合計で 34㎝ - 46㎝ の調整が可能ということになります。軽いカメラなら、三脚の脚を立てることで安定性が犠牲になりますが、11㎝まで高くできるので、計53.5㎝ まで伸ばすことができます。

高さのイメージがつきやすいように、家にあったSlik の三脚「カーボン 724 EX」を隣に置いてみました。

テーブルトップ三脚「Moman ミニ三脚」

この三脚は高さを2段階に調整できるのと、丈夫であるということが大きなポイントです。重いカメラを載せても全く問題ありません。ただし、脚がない方向への横からの力には決して強くないのでご注意ください。

本三脚については、以前過去記事で紹介しているのでそちらを参照ください。

幅広い使い道

今回紹介した、「三脚用センターポール」と「テーブルトップ三脚」の組み合わせは、見てのとおり従来の三脚と比べればかなり短いので、全ての状況に置いて使えるとは言えません。

しかし逆に、長さがどうしても必要というわけでなければ、ほとんどの状況で使える万能な三脚という言い方もできるかもしれません。少なくとも下記の状況では最適最強な三脚と言えます。

  • テーブルの上において撮影
  • Vlog 用三脚
  • 手持ち動画撮影用グリップ
  • トラベル用三脚

そもそも、三脚用センターポールとミニ三脚ですので、組み合わせ次第でいくらでも使い道を広げていくことができるのではないかと思います。

今のところ、僕はこの組み合わせにとても満足していて、通常の三脚を使う機会がすっかり減ったほどです。

今の三脚に不満がある人、より快適な三脚をお探しの人は是非検討してみてください。

カーボンファイバー製の三脚センターポール(エクステンション・ポール)です。長さ:20-32㎝、重量:210g、最大荷重:15kg。
最大荷重80kg!頑丈、耐久性に優れたテーブルトップミニ三脚と自由雲台(ボールヘッド)のコンボ商品です。コンボの特典として専用ケースが付いてきます。

今回紹介したセンターポール以外にもリーズナブルなものがあるので一応紹介しておきます。

三脚や一脚などに連結して高さを延長できる便利な伸縮式ポール。伸長 : 287mm、縮長 : 177mm、パイプ径 : 25mm/22mm、重量 : 約120g、1/4インチカメラネジ付。
三脚アクセサリーセンターポール。材質 10層カーボン、段数2段 脚径28/25(mm)、全伸長315mm、 伸長(収納高)200mm、重量:143g、耐荷重:16kg。
この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です