CYNOVA|Osmo Actionの3.5mm/USB-C Adapter レビュー&安く買う方法

2019年5月に、ドローンマーケットシェア世界No1の Dji が、自社初となる「Osmo Action」というアクションカメラを販売しました。

当時、GoPro よりも総合スペックが微妙に優れていたことから、GoPro Killerとも呼ばれ世間を騒がしました。

僕もその騒がされた1人で販売後すぐに購入しました。販売当初は外部マイクへ接続するためのオーディオアダプターが販売されておらず、購入者の多くはサードパーティの3.5mm/USB-C Adapter で試していましたが、どれもうまく動作せず不満を呼んでいました。

CYNOVA Osmo Action Dual 3.5mm/USB-C Adapter

Osmo Action 販売開始から約4ヵ月後、ようやくDji の公式サイトでアダプターを販売したものの、そのアダプターは自社製のものではなく、「CYNOVA」という他社製でした。同社のスティック型のカメラ「Osmo Pocket」の方は自社製のアダプターをすぐに出してるのになぜ!?

その CYNOVA製のオーディオアダプタがコレです。見るからに多くのケースとの互換性がなさそう。

予想どおり、僕が使ってた「SmallRig(旧バージョン)」の専用ケースには確実にハマりませんでした。基本的に厚みのあるごっついケースは無理です。

しかし、Osmo Action純正のケースや、PGYTECH のケースは、以前のものでもそのまま使えます。

USB延長コードやアダプターを介して接続する場合は、僕が情報収集した限り、USB 3.1 以上のスペックのものを選択することが最低条件のようで、これで動作確認している YouTube 動画がいくつかありました。

CYNOVA 3.5mm/USB-C Adapter を使用する場合は、Osmo Action側のファームウェアを最新のものにしてから接続するようにしましょう。

CYNOVA 3.5mm/USB-C Adapterを安く買う方法

たかがこんなアダプタですが、実際購入しようとすると Amazonで約5,000円と結構割高。

しかしっ!中国のオンラインショッピングサイトで買えば全く同じものが 1,300円~1,500円程度で買うことができます。

僕が今回利用したのは「Banggood」というサイト。ちなみに「AliExpress」でもほぼ同じ金額で購入できます。中国のサイトですが、日本、カナダなど国際発送可能で、小さいものなら送料も数百円と安いのが特徴です。

CYNOVA Osmo Action Dual 3.5mm/USB-C AdapterBanggood
banggood.app.link/Pr74Bvmhy8

唯一の欠点は、購入してから届くまでに時間がかかるということ・・・。急ぎで欲しい人は“スピード配送オプション”もありますが、そこにお金をかけるなら普通に国内配送のAmazonとか楽天とかで買った方が確実です。

今回は通常の配達で、20日程度でカナダに届きました。かかった費用は下記のとおり。カナダでの通常の販売価格は $50 以上なのでかなりお得です。

項目金額(CAD)
本体$21.01
Shipping insurance$0.42
Shipping Fee$4.49
クーポン割引(無料ユーザー登録すると利用可能)($-2.66)
合計$23.26

激安専用ケース

今回、ついでに1,000円の専用ケースも買ってみました。

ちなみに、このケースが「CYNOVA Audio Adapter」と互換性があるのかどうか、事前にカスタマーセンターに確認し、問題ないと回答を受け取っています。

マイクとライトを乗せるという目的だけは達成できますが、素材は安物のプラスチックという感じで、一度落としたらすぐ壊れそうな予感・・・。

RCSTQ Plastic Camera Cage| Banggood
banggood.app.link/VZqgvmvjy8

実際に届いたもの

最終的に手元に届くまでは、コピー品かという不安もありましたが、実際に手元に届いたものは、きちんとしたCYNOVAの箱に入った正規品でした。多分・・。単純に中国のブランドだから中国から買った方が安いというだけだったのでしょう。

実際にアダプタ経由でマイクを接続してみると、ディスプレイの右上にマイクのアイコンが表示されているのが確認できます。これはしっかりマイクとして認識されているという証拠です。

音声比較

ということで、実際にこのアダプタを使い、外部マイクを通して収録してみました。

今回は下記のとおり、内蔵マイクと、2つの外部マイク、マイクの方向を変えたパターンで収録テストしてみました。

  • Osmo Action 内部マイク
  • Movo VXR10
  • Movo VXR10 (マイク横向き)
  • Sennheiser MKE 600 
  • Sennheiser MKE 600 (マイク横向き)

いかがでしょう。違い分かりますか?

環境ノイズや音質に大きな違いは感じられないかもしれませんが、マイクの方向を変えた場合の音量の違いは明らかでした。要するに、正常に外部マイクを認識し、そのマイクから音を拾っているということです。

今回は静かな部屋の中での収録でしたが、屋外での撮影であれば、今回使用したショットガン・マイクの効果はもう少し顕著に現れるのではないかと思います。

CYNOVA Osmo Action Dual 3.5mm / USB-C Adapterは、Osmo Action 専用の3.5mm / USB-Cアダプターです。音声入力とは別に、バッテリー充電とデータ送信もサポートしています。
iPhone、Android、カメラ、ビデオカメラ、オーディオレコーダー、タブレット、ノートパソコンで使用できる万能マイク。
MKE 600 はビデオジャーナリストやフォトグラファなど、サウンドクオリティにも妥協ができないプロフェッショナルな映像クリエーターのために開発されたショットガンマイクロフォンです。 MZS 600 カメラシュー取付ショックマウントと、MZW 600 フォームウインドシールドが付属します。
デュアルスクリーン搭載のアクションカメラ。驚くほどブレない美しい映像に、前面ディスプレイで自撮りも簡単。 4K HDR動画、4K/60fps、8倍スローモーションなどの高機能。水深11メートルまでの防水性能も備えています。 DJI Mimoアプリでテンプレートを選んで、直感的に編集。ワンタップでSNSに簡単シェア。 マウントキットなど様々なアクセサリーも充実。色々な場所に固定して撮影の幅を広げることができます。
今回の記事で紹介した「CYNOVA Audio Adapter」が接続可能な、DJI Osmo Action専用のケージです。カメラ自体の機能、ボタン、インターフェイス、画面、バッテリーパックを妨げることがありません。ブロガーなどのビデオ撮影者のための最適な機材です。

参考YouTube

この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です