メチャ明るい!Aputure Mシリーズ最上位モデルAL-MW|動画撮影用ミニLEDライト

2019年初旬に発売された Aputure の「AL-MW」を購入したので紹介します。

Aputure(アプチャー) と言えば、高性能な撮影用LEDライトを販売する中国のメーカーで、性能が良く“比較的”リーズナブルということで、多くの北米YouTuberに利用されています。

今回紹介する「AL-MW」は Aputure のコンパクトLEDライト「Mシリーズ」の最上位モデルとなります。

Aputure AL-MW 基本情報

Mシリーズの最上位モデル。最新のLED技術である「チップ・オン・ボード(COB)」を採用し高輝度と放熱性能の両立を実現。従来機の AL-MXより最大2倍明るく、最大10メートルの防水というのが大きな特徴です。

特徴

  • 108個のLED(COB)
  • 10段階の明るさ調整
  • 最大輝度で80分間、最小輝度で24時間持続
  • 一時的に明るさを50%以上アップするBooster 機能
  • 5つの組み込みライティングエフェクト
  • IP68認定、最大10m防水
  • アルミ製ボディ

付属品

  • AL-MW 本体
  • ゲルホルダー
  • 製品マニュアル
  • キャリングケース
  • シリコーン・ディフューザー
  • マジックテープペア
  • USB Type-C 充電ケーブル
  • カラージェル x 6
  • PERGEARクリーニングクロス
ポータブルポケットサイズのアルミ合金ボディを使用し、CRI&TLCI 95+で自然のままの色を保証します。ポケットサイズパネルに108個のCOB電球が付いていて、さらに、内蔵のリチウム充電式バッテリーとUSB Type-C充電ポートにより、最大輝度で80分間、最小輝度で24時間持続作業します。最大10メートルの水中撮影ができるのも大きな特徴です。

Aputure Mシリーズ各モデルの特徴

Aputureの Mシリーズの各モデルの特徴を紹介します。それぞれ機能、金額が異なるので、利用目的に応じて検討すると良いでしょう。

AL – M9

超薄型、軽量。シンプルなビデオ用照明。9段階の明るさが調整可能で色は付属のフィルターで変更可能。リーズナブルな割にスペックが良いので、はじめてのビデオ照明にお勧め。

◆ 高効率電球、TLCI 95+。 ◆ 9 SMD ライトビーズ、高照度を作成します。 ◆ 内蔵リチウムバッテリ、USBを介して充電します。 ◆ 超薄型、140g重量のみ。 ◆ 9段階で調整可能明るさ。

AL – MX

AL-M9 の後継機で2倍以上の明るさ。5段階の明るさ/色温度調整が可能。一時的に明るさを30%アップするBooster 機能付き。アルミ製ボディ。

人気AL-M9の更新バージョン。Aputureの新しいAmaran MXライトは、人気のM9ライトの後継だが、今回は航空機用のアルミニウムを使用してクレジットカード大の大きさにまとめられています。128個のLEDを搭載しており、M9の約3倍の明るさ。「ブースター」機能を使用すると、M9の4倍の光量を出力。

AL – MC

Mシリーズの中で唯一のRGBライトで、360種類の色調整と色温度3200K – 6500K、明るさ0 – 100%の無段階調整、そして組み込みのライティングエフェクトで様々なシーンを実現可能。スマホ用アプリで設定をコントロールできるのもMシリーズ唯一。カメラの上に乗せて使う他、背面のマグネットで金属面に貼り付け可能。

新世代のBluetooth接続機能を持つMCライト。 ポケットに収まるサイズ、ワイヤレス充電、充実した機能、Sidus LinkアプリとのBluetooth接続などの機能が特徴です。カメラの上に乗せて使用する他、ライトエフェクトなど様々な場面で使用できます。

スペック比較

Mシリーズ各モデルのスペック比較です。

AL-M9AL-MXAL-MCAL-MW
LED数912812108(COB)
CRI/TCLI95+95+96+/97+95+
色温度5500±200K
フィルター
2800̠-6500K3200-6500K5600±2000K
フィルター
照度
0.3m
0.5m
1m
≥900 lux
≥350 lux
≥80 lux
≥2400 lux
≥880 lux
≥200 lux
≥1100 lux
≥400 lux
≥100 lux
≥4000 lux
≥1300 lux
≥300 lux
明るさ調整9段階5段階0-100%
無段階
10段階
駆動時間1.75 – 13時間30分 – 4時間2 – 5時間1.33 – 24時間
サイズ(mm)87 x 56 x 11
93.3 x 59.8 x 23.5

93 x 61 x 17

117.5 x 43.5 x 32
重量140 g278 g128 g284 g
充電方法Micro-USBUSB Type-CUSB Type-C / ワイヤレスUSB Type-C
ボディ素材プラスチックアルミニウムアルミニウム
+プラスチック
アルミニウム
防水なしなしなし10m 防水
アプリ連携不可不可不可

AL-MWを選んだ理由

僕がそもそもポケットサイズのライトを買おうと思った理由は、インタビューなどの撮影で被写体の顔をより綺麗に撮りたかったからです。

WebサイトやYouTubeでたくさんリサーチし、「AL-MX」と 「AL-MW」2つにまで絞ることは難しくなかったものの、この内1つを選択するのにとても苦労しました。

結局、最終的に決めた理由は、明るさバッテリーの持ちです。Mシリーズは全て、モバイルバッテリーなどからUSBで電源供給しながら使い続けることはできるのですが、内部バッテリーだけで最大出力1時間以上というのはやはり便利です。

ちなみに、カナダでの定価販売額は MX が $199MW が $309 と大分差があるので、ここも大きな悩みどころなのですが、実はちょうど迷ってる時に Vistek でセールをしていて、なんとMWが $256!!このお得感に負けて MW に決めたというわけです。結局、購入したのは定価で販売していた Henry’s 。プライスマッチしてもらい $253で購入できました。

明るさのテスト

窓の淵に置いた「エケコおじさん」に対して0~100%の段階に分けてライトを当ててみました。カメラとライトの位置は被写体からおよそ30cm程度です。

【おまけ】LitraTorch 2.0 の明るさテスト

実は、MWを買う前「LitraTorch 2.0」という超小型LEDライトを使ってたのですが、これはこれで小さい割に明るくてかなり使えます。

正直、インタビューなどの撮影で使用する分には、これだけでも十分使えるのですが、小さい分バッテリー容量が少ないのでこれ1つではちょっと心配。モバイルバッテリーを持ち歩くことを前提とするなら、このライトはかなりオススメです。

同じく「エケコおじさん」に1~3段階の明るさで光を当ててみたので比較してみてください。MWと比較してもほとんど変わらないのが分かると思います。

明るさだけで比較すると、MW が 300 lux @ 1m、LitraTorch が 500 lux @ 1m と、LitraTorchの方が優れていることになります。

LitraTorch は超小型で機能面においてもシンプルなものの、価格は1万円を超えるなど決して安いライトではありません。しかしこの小ささ、軽さはかなり魅力的なので、スマホやアクションカメラなどでVLOGをする人には、ピッタリのライトだと思います。

同様のライトで、「Lume Cube」というブランドがあるので、検討する際はこちらの最新モデル「Lume Cube 2.0」も併せて比較してみてください。

LitraTorch 2.0
LED数16
CRI/TCLI90+ / 92
色温度5700K
照度
0.3m
0.5m
1m
n/a
n/a
500 lux
明るさ調整3段階
駆動時間35分 – 4時間
サイズ(mm)38 x 38 x 42
重量90 g
充電方法Micro-USB
ボディ素材アルミニウム
防水20m 防水
アプリ連携不可
38mm x 38mmサイズのポケットに入るLEDライトで、さらに優れた性能を備える、Litraトーチの第2世代です。MIL SPECに対応し、水深20mに耐えうる防水性、堅牢性に優れたトーチは、800ルーメンの連続した高品質の光を提供します。演色性に優れ、DSLR、ビデオ、スマートフォン、アクションカメラ、スタジオでの使用に最適です。
市場での写真とビデオのための最小、最も機能満載、プロ品質のLEDです。日光のバランスが取れた95+CRIライトを放つ新しい80ºビームアングルレンズは、100%の明るさで1時間以上走ることができるゼロホットスポットでクリーンな広がりを提供します!強化された手動&ワイヤレスコントロールにより、輝度レベルを迅速に増減し、さらには、長時間露光画像の1%調整のための秘密のローライトモードのロックを解除することができます。

ライティングエフェクト

5つの組み込みライティングエフェクトが使用できます。

これらのエフェクトを使うことで様々なシーンを表現できます。実際にどんな映像になるかは下記の動画が参考になると思います。

ポータブルポケットサイズのアルミ合金ボディを使用し、CRI&TLCI 95+で自然のままの色を保証します。ポケットサイズパネルに108個のCOB電球が付いていて、さらに、内蔵のリチウム充電式バッテリーとUSB Type-C充電ポートにより、最大輝度で80分間、最小輝度で24時間持続作業します。最大10メートルの水中撮影ができるのも大きな特徴です。

関連サイト

Aputure 公式サイト
https://www.aputure.com

Deity Microphones
https://www.deitymic.com
Aputure の兄弟ブランド

この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です