SSHを使ってWordPressをサーバーに直接ダウンロードする方法

最近のレンタルサーバーには、コントロールパネルから WordPress をサクッとインストールできる機能が用意されている場合が多いですが、その機能が使えない場合や、カスタマイズに対応していない、旧バージョンの WordPressをインストールしたい、などの場合はマニュアルでインストールする必要があります。

その場合、WordPress公式サイトから圧縮ファイルを一度PCにダウンロードし、それをレンタルサーバーにアップロードしインストールするというのが一般的な方法です。しかし、ダウンロードしたファイルは圧縮されていても 15MB以上、解凍後では45MB以上とかなり重く、FTPでアップロードしようとするとかなり時間がかかります。

そこで今回紹介するのは、SSHを使用しサーバーにリモート接続し、WordPressを直接ダウンロードする方法です。

SSH の利用には、サーバー側でSSH接続を許可している必要がありますが、最近では多くのレンタルサーバーの比較的低価格のプランでも、SSH機能が利用できるようになっています。

SSH(Secure Shell)とは

コマンドベースでネットワークで接続されたサーバーを遠隔操作するための手段(プロトコル)です。通信は全て暗号化されていて、一昔前の Telnet の現代版として使用されています。FTP(非暗号化) → FTPS(暗号化)、Telnet(非暗号化)→ SSH(暗号化)というイメージです。

SSH を使うには

SSH を使用するためには、クライアントソフトウェアが必要となります。これら遠隔操作の定番ソフトウェアとしてはオープンソースの「PuTTY」「Tera Term」が有名です。僕は日本でサーバー運用の仕事をしている時からずっと「Tera Term」を愛用しています。

Mac であれば標準ソフトウェアである「ターミナル(Terminal)」を利用してSSH接続が可能です。

一方 Windows 10 では、バージョン 1709(Fall Creators Update)で「OpenSSH(ベータ版)」がオプションプログラムとして搭載され、バージョン 1803(April 2018 Update)から「OpenSSH(正式版)」が標準搭載されました。

そのため、もし比較的新しい Windows 10 を利用しているのであれば、追加のソフトウェアをインストールすることなく「PowerShell」や「コマンドプロンプト」を利用して手軽に SSH接続が可能です。

SSH が利用できるかどうか確認

Windows 10 で「OpenSSH」が利用できるかどうかは、下記から確認できます。

スタート]→[設定]→[アプリ(下記画像)]→[オプション機能(下記画像)]

OpenSSH クライアント」が見つからない場合、バージョン 1709(Fall Creators Update)であれば、上の[+機能の追加]から簡単に追加/有効にすることができます。

SSH を使ってWordPress をダウンロード

それでは実際に、SSHを使って WordPressを目的のサーバーにダウンロードしてみます。

Windows の場合は、[スタートメニュー]をクリックし[cmd]とタイプしてコマンドプロンプトを開きます。PowerShell の場合は、[powershell]とタイプします。

サーバーに接続

ssh の後に、ユーザ名@ホストアドレス or ホストIPアドレス と売ってエンターします。

ssh user01@peascode.com

利用しているサーバーから特定のポート番号(22番以外)を指定されている場合は、 -p オプションで指定します。

ssh user01@peascode.com -p 99

次にパスワードを聞かれるので入力してエンターすると接続が完了します。入力中のパスワードは表示されず、またカーソルも動きません。

user01@peascode.com's password: ↓
FreeBSD 9.1-RELEASE-p24 (SAKURA33) #0: Thu Feb  5 00:03:33 JST 2015

Welcome to FreeBSD!

%

インストール先ディレクトリに移動

WordPressをインストールしたいディレクトリに移動します。今回は /www/blog ディレクトリにインストールします。

cd www/blog/

pwd コマンドで現在のディレクトリを確認、lsコマンドでファイル/ディレクトリの一覧を表示することができます。

pwd
/home
ls
log             pear            tmp             www
db              ports           webdav

WordPressファイルをダウンロード

WordPress 公式サイト に置いてあるプログラムファイルのURLを指定して直接サーバーにダウンロードします。圧縮ファイルはlatest.tar.gz latest.zipの2つありますが、今回は Linux/Unix系の標準圧縮方式である .tar.gz のファイルlatest.tar.gzを使います。

wget https://wordpress.org/latest.tar.gz

圧縮ファイルの解凍

tar -xf latest.tar.gz

tar コマンドの解凍オプション

オプション処理
-fファイルの指定
-v処理進行中のファイル名を表示
-x圧縮ファイルを解凍/展開する
-zgzip形式を指定(無い場合は自動判別)

※ハイフン(-)はなくても良い

解凍されたファイル群を移動

解凍されたファイルは、/blog/wordpress/ 以下に展開されるため、これらのファイル全てを /blog/ (1階層上)に移動します。移動ではなくコピーの場合は、cp -a を使いましょう。

mv wordpress/* ./

用済みのファイル/ディレクトリを削除

空になった wordpress ディレクトリを削除します。(空じゃない場合は rm -rf wordpress

rmdir wordpress

WordPress 公式サイトからダウンロードした圧縮ファイルを削除します。

rm -f latest.tar.gz

lsコマンドで確認してみましょう。WordPressお馴染みのファイル群が確認できれば無事完了です。

ls
index.php               wp-admin                wp-content              wp-load.php             wp-signup.php
license.txt             wp-blog-header.php      wp-cron.php             wp-login.php            wp-trackback.php
readme.html             wp-comments-post.php    wp-includes             wp-mail.php             xmlrpc.php
wp-activate.php         wp-config-sample.php    wp-links-opml.php       wp-settings.php

ここまで無事に完了したら、あとはブラウザからこのディレクトリにアクセスすれば、WordPressセットアップを行うことができます。例: https://peasstudio.com/blog/

セットアップを進めるにあたって、当然データベースが必要となりますので、サーバーのコントロールパネルなどから新規作成し、準備しておきましょう。

Likes:
0 0
Views:
74
Categories:
WordPress
この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です