コロナ騒動によるバンクーバー空港の今

コロナ騒動によって、カナダは3月18日より 全ての外国人に対して、入国禁止を実施しました。

これによって、カナダ国籍や永住権保持者、航空関係者など一部例外を除いて、外国人のカナダへの入国はできなくなりました。当然日本人も含まれますので、観光客はもちろん、ワーホリ、留学生もこの入国禁止令が解除されるまではカナダに入国することができません。

18日に禁止となり、今日19日、バンクーバー空港は果たしてどんな状況になっているのか、とても興味深々だったので、朝からスカトレに乗って見てきましたのでそのご報告です。

果たしてガラガラの空港を見ることができるのでしょうか。

まずは到着ロビー。日本からバンクーバーに来た時に毎回見るお馴染みの「welcome像」があるところですね。
ここはやはり人が全然いません。外国人が入国できないわけですから当然です。

そしてこの上の出発ロビーはというと、意外と人が居ます。
既にフライトの数も減ってるし、 「急用がない限り外出を控えるように」という要請が出ている状態なので、おそらくみんな自分の国に(一時/永久)帰国する人たちですね。

ちなみに空港からダウンタウンまでのスカイトレイン車内はガラガラでした。

ということで今回、初の投稿はコロナウイルスによるバンクーバー空港の現状でした。

市内では、ショッピングモールや娯楽施設、 お店、 レストラン、企業などの一時閉店が続出していて、生活にはとっても不便な状態ですが、元々人が多いバンクーバー。人の減った特にダウンタウンは逆に少し快適という見方もできちゃうんですよね。日々変わるコロナ事情。ネガティブに捉えても仕方ない。人生初の体験を楽しんでしまおうかと思います。

Likes:
4 0
Views:
458
Categories:
経済
この記事を書いた人

日本では主にUNIXサーバーの構築、運用などに携わり、2006年に仕事を辞めてカナダに来てそのまま永住。

カナダでは、日本からカナダに留学や永住、ビジネスで渡航する人たちのサポートを行う傍ら、専門分野+趣味でもあるWeb制作、運用を継続しながら、最近では写真/動画撮影、動画制作、モーショングラフィックなど、新しい分野のスキルアップに励んでいます。

Peas Code は、僕が過去の経験の中で学んだことを、特定の分野に限定せず公開していくことを目的としています。中にはコードに見えてしまうような意味不明な僕独自の理論も含まれますが、知っていると平和になれると言う意味で、Peas(peace → peas) Code と名付けました。これが意味不明か・・・。

僕について、もうちょっと詳細を知りたいという変わった人は[About me]を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です